ようこそ!!こどもの杜へ(*^_^*)

4月から、こどもの杜にやってきた新しいお友達。
ニョロがそーっとその様子を見に、ぽかぽか、すくすく、わくわくに。。。
みんな、ママと初めて離れ、自分達だけでお遊びしたり、ご飯を食べたり、お昼寝するから不安になってないかな?
ニョロリは、みんなを見守ってくれてるかな?
涙がポロポロ止まらないお友達( ; ; )大丈夫かな(・・;)
良かったぁ(*≧∀≦*)
その横に優しく語りかけながら、ピッタリ寄り添う先生達…
ニョロリもニコニコ♪ 楽しいこといっぱいしようね。

給食の時間がとってもはっぴぃ❣️

保育園にいる間で一番楽しい時間は?と子ども達に聞いた時に、「給食の時間」と答えてもらえるような保育園にしたいなぁっと、開園前から思っていました。

だって、0歳から3歳の子ども達にとって、食べる事が、身体の基礎を作るわけですから。でも、初めて口にする食材、味や食感、きっと子ども達にとっては大冒険なはず。そんな大冒険がとっても楽しくなるようにしてあげたい。

調理の吉森先生と開園前の寒い冬の時期から、色々と構想などを相談して、乳幼児食のレシピを考え、試食の繰り返しでした。現在も継続中です。完成食のイメージだけを伝えたり、食材は絶対妥協しない、でもリーズナブルがいいなど、無理難題に吉森先生は古今奮闘のはず・・・

でも凄いんです。本当に凄いんです。必ず、私の想像以上の物を完成させてくれます。

そんな、吉森先生はじめ調理の先生達の素晴らしい行事食をご紹介します。

スプーンやフォーク、お箸を上手に使う事、コップを持って飲める事、こぼさない事なども大切ですが、何よりも私が望んでいるのは、食べる時が楽しい時間になることが一番です。

子ども達の冒険はまだまだ続きますが、一緒に大冒険を楽しみたいと思っています。

 

 

こどもの杜の妖精さん♪

2017年4月1日☆待ちに待ったこどもの杜(もり)保育園の開園。

こどもの杜(もり)にはこんなお話があります。

 

・第一話 こどもの杜(もり)の妖精「ニョロ」・

 

こどもの杜(もり)は、小さな小さな杜(もり)

いつも、鳥や動物、草や木が音楽を奏で、

暖かくて、良い香りが漂う、幸せの杜(もり)です。

その杜(もり)の中心に、1本の妖精の木があります。

(もり)の妖精の名前は「ニョロ」。可愛い妖精です。

「ニョロ」は、妖精の木から生まれます。

1年に1度、実がなり、杜(もり)からたくさんの愛情をもらい

少しずつ成長をします。

 

妖精の実を「ニョロロ」と言います。

その「ニョロロ」を、風や雨、外から来る悪い鳥や、虫たち。

(もり)の仲間たちが力を合わせ守っているのです。

 

やがて「ニョロロ」の実から、プチンっという音と共に

「ニョロリ」が誕生します。

ちっちゃな、ちっちゃな「ニョロリ」は、杜(もり)の仲間たちと一緒に

歌ったり、踊ったり、ご飯を食べたり、一緒に寝たり・・・

時には、泣いたり、ケンカしたり・・・

そうして成長し「ニョロ」になります。

 

「ニョロ」は、こどもの杜(もり)を守るのだけでなく、

こどもの杜(もり)を飛び出して、いろんな所で、お友達を作り、

強い心と優しい心でみんなを助けるのがお仕事です。

 

「ニョロ」がいるところは、いつも笑い声が聞こえる

新たな暖かいこどもの杜(もり)が、また生まれるのです。

 

つづく・・・

 

作者:まるまるこ(o^^o)

こどもの杜の妖精の木とニョロロとニョロ☆

妖精の赤ちゃん♪ニョロリ

妖精ニョロだよ★

11月の内覧会&説明会終了しました

image-1

お陰様で「説明会&内覧会」無事終了しました。

予想以上に多数のご家族にお越し頂きありがとうございました。
また、2日目は雨、そして寒い中お越し頂きました。風邪などひかれませんように

内装は現在3割ぐらいの状態でご覧頂きました。

image-4image-2image-3

完成には年内掛かると思いますが、また、近くにお越しの際はお立ち寄りくださいね。

尚、ご不明な点等がございましたら、保育園までご連絡ください。

次回は来年を予定しています

日時が決まり次第、当WEBサイトでご案内します。

MENU